教育の特色

教員からのメッセージ

" Improve your English for the future! "
英語科担当
馬渕 勝人先生
英語は体育や芸術のように実技教科の側面をもっています。コミュニケーションの道具として音読も重要ですが、その音読が他の学習効果(読む、書く、聞く)も飛躍的に引き上げてくれます。実践すればわかります。また、英語の学習は日本語を丁寧に振り返る機会であり、言葉を駆使して考えている自分がいることに気づきます。鋭い言語感覚は、数学や理科の学習にも効果絶大です。洋の東西、時の古今を問わず学習の基本は比較・分類・整理、そして英語は音読です。
From Native Teacher
AET
Steven Nantista先生
Hanasaki Tokuharu High School has an amazing environment for the students to learn and develop their English skills in. Focus is placed not only on improving speaking, listening, reading and writing skills, but each individual students' needs as well. This is done through the advanced structure the English program has been created and tailored into for the students. Thus creating not only an enriched learning environment but the ability to see through that all students are succesful. Not only in their three years at Hanasaki Tokuharu, but their future dreams and careers as well! With this and the highly efficient English teachers and staff I am more than thrilled to be a part of Hanasaki Tokuharu and work together with all of the students here. To help build a better future and profficiency in English for all students.
論理的思考力と計算処理能力を引き出す
能動型授業!
数学科担当
高橋 晃一先生
たくさん時間をかけて勉強したのに数学のテストで得点に結びつかない経験は、多かれ少なかれ誰しもがあると思います。数学は、暗記だけで解決できるものでなく、読解力・発想力・計算力・記述力・精神力など総合的なスキルアップができていないと、得点には結びつきません。だからこそ、難問を解いたときの充実感・達成感は爽快です。本校で学び、解ける喜びと感動を数多く味わってください。光輝く皆さんの未来を応援します。
『ことば』×『論理的思考』×『記述』
国語科担当
天宮 さやか先生
本校では、1年次に論理力養成教材として有名な『論理エンジン』を用いて学習します。2年次以降はZ会の個別添削などの問題演習を行い、国公立大学2次試験を見据えて、「記述」力を磨き上げていきます。また、教員による講義型の知識伝達だけでなく、生徒が自ら文章の構造を考えたり、問題の解答を作り上げたり、生徒同士で教え合い理解を深めたりする、「生徒参加型授業(アクティブ・ラーニング)」を展開します。ことばで論理的に記述する能力は、受験だけにとどまらない、グローバル化する社会の中で活躍するための大きな力となります。
科学的に考える力を高める授業を展開し、
自然界の理を学ぶ。
理科担当
伊藤 誠先生
本校では理科の基礎科目3科を学ぶことで、総合的な学力を養います。アルファコースとアドバンスコース選抜進学、特別進学クラスの理系選択者は2年次は「化学・物理」または「化学・生物」の2科目を選択し、3年次は大学入試に出題された問題の演習や実験の再現・証明などを行ない、難関私立大学や国公立大学に対応できる学力を身につけていきます。また、アクティブラーニングを行い、考える力を身につけ自然現象への理解を深めていきます。理科を学ぶ上で必要なことは目の前で起きている現象をしっかりと把握し、その原因について考察することです。日常生活の中でいつも疑問を持って生活すれば理科の力を大きく伸ばすことができます。
「今」をこの手に、「未来」を希望に
~ 見て聞いて、考え、活用する真の「知」の習得 ~
地理歴史・公民科担当
笹渕 恒弐先生
花咲の地理歴史・公民科スタッフは全員、有史以来の人類の叡智を説き、同時に生徒の自己実現のサポートに最大限尽力することを使命とし、授業を展開しています。進学指導においても、豊富な演習授業を活用し、センター試験高得点獲得をめざすことはもちろんのこと、私立大学入試、国公立大学二次試験の記述・論述指導対策を実施し、徹底的に考察力の強化を図ります。また、受験を超えた常に「考えぬく姿勢」を身につけさせます。あなたの将来にも大きく役立つ、真の生き抜く「知」を本校で学んでみませんか。