2017年9月8日

9月8日(金)、アスリートメシ(アスメシ)を実施しました。競技力向上に有効と考えられている食事です。調理担当は食育実践科2年生です。食事中には、食育実践科2年、石川綾乃さんと竹本真尋さんによる、QA形式の食育指導を行いました。生徒と教員の会話も弾み、充実した食事となりました。最後にクイズをご紹介します。

 

問題)果物の梨にはどのような効果があるでしょうか?

 

(1)解熱作用(2)解毒作用(3)抗菌作用

 

 

解答)(1)解熱作用

熱を下げて喉の渇きを止める作用や、疲労回復効果が期待されています。

2017年9月6日

9月2日(土)1時限に、食育実践科2年生73名が夏季休業中の7月22~30日にかけて参加したインターンシップの体験報告会を実施しました。

以下、生徒たちの発表の一部です。

〈発表内容〉

・今回インターンシップへ行ったことで、今まで習っていたことが身についていなかったと反省した。これからはしっかりと復習していきたい。

・盛りつけのひとつひとつや材料の切り方が雑だったと反省した。

・すぐ職場に慣れたのは、先輩たちが優しく接してくれたからだと感じた。挨拶やコミュニケーションの大切さを改めて実感した。

・行動や作業のスピードが早い。時間を意識したい。

・プロの手さばきを実際に見て、自分の未熟さを実感した。

・今回の体験を今後の調理人生においても生かしていきたい。

・授業ではできないことを実践し、貴重な体験になった。

・(ホテルの)お菓子作りは時間に急かされているので、勉強になった。

・食べる人が食べやすいように考えて調理していきたい。

・常にお客様のことを考えて調理している様子が見え、私もそうしていきたいと思った。

・苦手なものは早く練習して、克服しないとついていけないのだと実感した。

・お客さんが美味しそうに食べている様子を見て、嬉しく思った。

 

実際の職場を体験し、辛かったり、勉強になったり多くの感動を得た生徒が多かったようです。2学期からは、調理実習やアスメシ調理、体験学習などで2年生が中心となり、活動します。どの生徒にも、「時間や挨拶を意識して、盛りつけにこだわっていきたい。経験を重ねたい。」とインターンシップで感じた意欲的な思いを実践してもらいたいです。

2017年8月27日

7月30日(日)、8月27日(日)の両日、中学3年生を対象とした食育実践科説明会をに実施しました。最初に全体説明会、次に本校生徒との交流、実習室の見学、本校生徒による食育指導を体験し、最後に本校の紹介VTRを観ながら昼食をとりました。また、希望者を対象に個別相談を実施しました。

9月24日(日)に3回目の食育実践科説明会を行います。9月9日(土)からは体験学習会も始まります。お申し込みはホームページから可能です。お待ちしております。

2017年7月20日

 720日(木)終業式の後、第3回食育指導を実施しました。食育実践科3年金井悠さんと千葉勇輝くんが全校生徒に向けてプレゼンテーションを行い、つながる食育推進事業として行った骨密度・ヘモグロビン測定の結果について報告しました。また、夏休み中の夏バテ防止策として、飲む点滴と呼ばれるほど栄養のある甘酒を紹介しました。

2017年6月26日

食育実践科3年生が、6月15日(木)、16日(金)の2日間の日程で集中特別講習を実施しました。

1日目は、本校実習担当による西洋料理の特別講習で、普段の実習より品数や作業工程が多く、集中特別講習にふさわしい内容となりました。

2日目は、東京港区の食肉市場を見学し、競りの様子や食の安全について学びました。調理師を志す者として「命をいただく」意味を考える良い機会となりました。その後は、東天紅上野本店へ移動し、中国料理のテーブルマナーを学びました。広東料理と福建料理をベースにした料理で、フカヒレを使ったスープや北京ダックなどをいただくと共に、食材の特徴、歴史や文化、大皿からの取り分け方などを学びました。『フェイス・トゥー・フェイス(顔があがれば心もあがる)』を合言葉に、楽しく食事をするように心掛けることもマナーの一つだと学びました。

1 / 1812345...10...最後 »