------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<部活動トピックス> 徳栄高校は、「勉強」も「部活動」も全力投球です!
 
○吹奏楽部第27回定期演奏会(H26.2.15春日部市民文化会館)(H26.2.25)
○男子駅伝部4位入賞。第81回埼玉県駅伝(H26.2.2)
○男子駅伝部2チーム入賞。第12回奥むさし駅伝(H26.1.26)
○女子バレーボール部 新人戦東部支部予選 優勝(H26.1.26)
○男子バレーボール部 新人戦東部支部予選 第3位(H26.1.26)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  • TOKUHARUとれたてニュース

  • 学年便り1年その2 ~アルファコースオリエンテーション合宿Ⅰ~ 平成26年4月17日(木) 1年生アルファコースを対象とした『オリエンテーション合宿』が新潟県舞子高原で2泊3日の日程で始まりました。初日は、『ベネッセコーポレーション』より、専門の講師を招き、『進学講演会』を実施しました。大学入試の基礎知識を学び、各自の具体的な進路目標について考えました。その後、PDCA手帳を用いて、家庭学習の進め方を学びました。生徒達は、多くの知識を吸収するとともに、新しいクラスメートとの初めての校外学習を楽しんでいました。
    投稿: 、高橋晃一
  • スポーツテスト実施 4月15日(火)2、3学年のスポーツテストがメモリアルスタジアム、体育館で身体測定と合わせて実施されました。これは、本校の生徒たちの体力や運動能力を測定し今後の体育の授業や部活動において能力の向上と意識の高揚を図ることを目的としたものです。 実施種目は、50m走、20mシャトルラン、立ち幅跳び、反復横とび、ボール投げ、握力、上体起こし、長座体前屈の8種目の内容で、明るく元気に全力で取り組む姿が見られました。    
    投稿: 2014/04/17 4:31、矢田部華絵
  • 学年便り1年その1 ~対面式・植樹祭~ 平成26年4月14日(月)、生徒会主催の対面式が行われました。小林校長から「1年生から3年生が、みんなでしっかり学校をつくる確認をし、出発しよう」ということを確認する式であり、「お互いの良いところ」を見つけ、「自ら考え、決断し、行動」する「自立」した人間になってほしいというお話がありました。  生徒会副会長の冨田さんから「先輩方が築いてきた伝統をさらに発展させましょう」という歓迎の言葉があり、1年生代表の為ヶ谷さんが「先輩方の築いた伝統を受け継ぎ、真の徳栄生となる努力をしていきます」という挨拶の後、2人が握手をし、対面式は終了しました。  続いて、植樹祭が行われました ...
    投稿: 2014/04/17 4:26、高橋晃一
  • 平成26年度 第33回入学式 心地よい春風の吹く4月11日、第33回入学式が挙行されました。 多くのご来賓・保護者の見守るなか、658名の新入生は担任の呼名に大きな声で応えていました。小林校長は式辞で、「戦後や大震災からの復興はまさしく「人の手」によるものであり、この計り知れない力を持つ人の価値を認め、多くの人々が協力しあい潜在する可能性を世に出そうと創られたものが建学の精神『人間是宝』である。校訓『今日学べ』は、理想とする自分の姿をしっかりと想像し、そこに一歩一歩近づくため、今この瞬間、努力を重ねていくことが大切であると言うことです。そして本校の最終目標でもある『自立』は、初代校長佐藤照子先生の教えであり、「自ら考え決断できる ...
    投稿: 2014/04/13 22:41、伊藤誠
  • 平成26年度 第1学期始業式 4月8日(火)、第1学期始業式が行われました。小林校長より、年度の始めにあたり、進級の決意として「つらい事を克服して新たな1年をむかえましょう。第1学期のテーマは建学の精神『人間是宝』。人は無限の可能性を持っており、自分を大事にして、人の良いところを見つけて互いに尊敬しあう事で成長していきましょう。」と話されました。始業式に引き続き、新しい先生方の紹介、学級担任の発表があり新しいクラスへの期待、喜びのなか新年度がスタ-トしました。
    投稿: 2014/04/08 3:14、笠原剛
1 - 5 / 702 件の投稿を表示中 もっと見る »


 
Comments