マルシェ花咲

2020年6月19日

毎年6月は「食育月間」および毎月 19 日は「食育の日」です。

コロナウルス感染症の影響もあり、各ご家庭で自炊を行う機会や、食について考えることなども増えたと思います。

食育実践科として、今月も各種SNS(Instagram,Facebook,Twitter)のほか、新たに食育実践科公式YouTubeチャンネルを開設し、さまざまな形を通して食育教育をみなさんに発信してまいりたいと思います。

(画像 農林水産省HPより)

食育実践科公式YouTubeチャンネルはコチラ↓↓↓↓

https://www.youtube.com/channel/UCFqh6EzmCwGmx33dCut929A/

2020年6月8日

蒸し暑い日が続きます。先日、収穫した梅の実でシロップを作りました。材料も少なく、作業も簡単です‍。冷凍した梅を使えば、10日〜2週間で完成します。食酢を使用することで、殺菌効果があり、味もサッパリ仕上がります。レシピを掲載するので、参考に作ってみてください。

【材料】
・青梅 1kg
・氷砂糖 1kg(青梅と同量)
・食酢 100〜150cc

【作り方】
① 梅を水洗いし、梅のヘタの部分を竹串で取る。
② 梅の水分をしっかり拭き取る。
③ 保存袋に入れて冷凍する。
④ 煮沸消毒した瓶に、凍った梅と氷砂糖を交互に入れ、最後に食酢を全体にまわしかける。
⑤ 冷暗所に置き、毎日容器(瓶)を揺する。
⑥ 長期保存するには、できあがったシロップを70度くらいで15分加熱する。
※水や炭酸水で割って飲んでください。レモンを添えるとお洒落な飲み物に見えますね。

食育実践科公式SNSもチェックしてください。
【公式】食育実践科Instagram https://www.instagram.com/hanasakifood/
【公式】食育実践科Facebook https://www.facebook.com/tokuharufood/
【公式】食育実践科Twitter https://twitter.com/hanasakifood

2020年6月4日

花咲徳栄高校の敷地にある梅の木には、たくさんの実がなっています。5〜6月頃が青梅の旬で、強い酸味を持っているのが特徴です。梅にはクエン酸がたくさん含まれており、疲労回復効果があります。また、殺菌効果もあるので食中毒予防も期待できます。昔は薬とされていたそうです。
暑い日が続き、身体にだるさを感じる季節です。在宅での勉強やお仕事で疲れが溜まっている方も多いのではないでしょうか。
通常は2ヶ月ほどかかりますが、今回は1週間ほどで梅シロップが出来上がるよう梅を冷凍して作ります。後日、完成した梅シロップとレシピを掲載予定です。

食育実践科公式SNSもチェックしてください。
【公式】食育実践科Instagram https://www.instagram.com/hanasakifood/
【公式】食育実践科Facebook https://www.facebook.com/tokuharufood/
【公式】食育実践科Twitter https://twitter.com/hanasakifood

2020年5月21日

レモンに含まれるビタミンCには、ストレス解消、ストレス耐性を高める働きがあるといわれています。はちみつ漬けのレモンやレモン水、塩レモンなど、日常生活の中にレモンを取り入れてみましょう。暑い日が続くと熱中症にも注意が必要です。どうぞみなさん健康に気をつけてお過ごし下さい‍。

<手順の説明>
①小さい包丁(ペティナイフ)をペンを持つようにして、レモンに山型に切り込みを入れていきます。
②①の切り込みはレモンの中心部まで深く入れ、1周同じように行い完成です。

※包丁が左手にまで届いて怪我をしないためにも、包丁を持つ右手の位置が大切です。
※レモン以外にライムやキウイフルーツでもできます。

食育実践科公式SNSもチェックしてください。
【公式】食育実践科Instagram https://www.instagram.com/hanasakifood/
【公式】食育実践科Facebook https://www.facebook.com/tokuharufood/
【公式】食育実践科Twitter https://twitter.com/hanasakifood

トップへ戻る